突然の病気で入院費が必要になった時に親からお金を借りました。

どうしてもお金が必要で、お金を借りても仕方がないといった事態に陥ったのは、突然病気になって入院した時です。

当時、まだ20代後半だったので、まさか入院するとは思ってもいなかったため、特に生命保険などにも加入していませんでした。貯蓄はそこそこありましたが、運が悪いことに、入院する3週間程前にバイクを購入してしまっていたのです。また貯めればいいやといった気持ちで、思い切って貯金の大半を支払いに回してしまっていました。そのため、突然の入院費という出費に頭を悩ませる結果となってしまったのです。

幸い、病状は落ち着きを取り戻し2週間程して退院できたのですが、検査費や薬代など思っていた以上に高額で、健康保険を使用しても20万近い高額な入院費を請求されました。当然、バイクを購入したばかりの私には支払う余裕もありませんでした。入院費の支払いは退院日に支払わなくても大丈夫なのですが、期限までに支払わないと督促状が届きます。

そこで、泣く泣く両親に頼み込んで入院費を借りることにしました。両親は、お金のことはあまり責めず、体のことを心配してくれていたので、とても有難かったです。しかし、二度とこんなことにならないよう貯金をしっかりしておくように言われました。まさか、自分がお金を借りるなんてことになるとは思ってもみなかったので、かなりショックでした。

若いからと言っても、いつ何時、何事が起こるかわかりません。どんなことが起きても大丈夫なように、ある程度の貯蓄はしておくべきだとこの時強く思いました。

サラリーマンの無駄遣いをなくす方法

私がお金が無いなあと感じるときはやはり月末です。
例に漏れず私もただのサラリーマン。妻からお小遣いを定額毎月もらってやりくりしていますが、急な飲み会や、ストレス解消にちょっとはっちゃけてしまうと月の中頃には夏目様が3人ほどなんてことも少なくありません。

自分でこれはもったいないなあとあとから振り返る代表格は、仕事帰りにコンビニに寄って菓子やら飲み物やらを買い食いしてしまうことです。

家まで我慢すれば、まあ何かしらありますし、その時は良くてもただ太って自己嫌悪に陥るだけのお決まりの習慣です。
それで、そんなことが嫌でだけどハマってしまうという状況が続いていたので何とかしようと頑張りました。

私なりの解決策は走るでした。走ると言ってもオッサンが全力で走るぜというものではなくて、かばんを持って少々小走りをするという程度のものですが、走るとこの仕事終わりの空腹というかストレスを解消できます。運動すると食欲って一時的に減るので10分程度小走りすれば2時間位は何とかなります。

これによってふらっと一人飲み屋に入るなんてこともかなり減りました。
結局ストレスに負けるとお金を使ってしまうので、そんな時はまず走るです。

専業主婦の私がコンビニを利用する理由

コンビニを利用する理由はその人によってさまざまですが、専業主婦をしている私が主に利用する理由は3つほどあります。

まず1つ目はATMの利用です。

私は1つのコンビニのATMの利用が1年中無料のネット銀行に口座を持っているので、そこでお金を出し入れするときに利用します。

で、そのネット銀行に定期預金をしているので、30万くらいならお金を借りることもあります。(http://30万円借りる方法.biz/

そして2つ目はコーヒーを飲むため。

私はコーヒーが大好きで、特に寒い時期では毎日インスタントですが、家で3~4杯は飲みます。
特に味にうるさくはないのですが、最近出来たコンビニでの引き立てのコーヒーマシンのコーヒーは、値段も安く味もとても良いので、
お出かけ先でついつい寄って購入するようになりました。

そして3つ目はお弁当などの購入。

もちろん専業主婦をしているので普段の食事はなるべく節約して作っています。
しかし、時々どうしても疲れてしまって食事を作るのが面倒になってしまった休日などにコンビニのお弁当などを利用することがあります。

家から車で1~2分の所にコンビニがあるので、とても重宝しています。”

結婚式や引っ越しと重なり今すぐお金が欲しい思い

今年は何だか急な出費が重なる年で、この間は友人の結婚式が2回ありましたし、先日は引っ越しもしました。
最初は結婚式といっても近場だしあまり交通費もかからないから、出費もご祝儀代くらいかなと思っていたんですよね。
でも後から着ていくドレスが無いので衣装レンタルしたり、髪を美容室で整えてもらったりと結構お金を使ってしまう事になったんです。

更には、今まで住んでいたアパートが老朽化の為に急きょ取り壊しが決まったので、新たに物件を探して引っ越さなければならなくなりました。
1人では重い家具を運べないので業者さんに頼んで、契約した新しい住まいの敷金礼金も払って、となるとお給料や貯金も一気に吹っ飛んで生活費がなくなってしまったんです。

困って両親に相談しましたが家にもあまりお金がなくて、3~4日分くらいしか借りる事が出来ませんでした。
次のお給料日までまだまだ日にちはありますし、電気ガス水道といった光熱費も支払わなければなりません。
どうしようかと思っていたら、直接店舗へ行かなくてもすぐに借りれる金融会社を見つけました。
審査もすぐに済み、早速借りる事が出来て大変助かりました。
会社勤めをしているとお店へはなかなか立ち寄る事が出来ないので、ネットや電話で登録できるシステムがあるのはいいですね。

今すぐお金が欲しいときに間にあう即日融資可能なカードローン

お金は入らないと出せません

会社員であった20代。
私は、趣味にガンガン投資はしていたものの、無駄遣いはする方ではなかったですし、貯金もしっかりしていました。
なので、お金に困ることはなかったのです。

それこそ、仕事が忙しい時は、残業代も増え、そんな時はお金を使うことも気にすることもなかったので、勝手に口座の中にお金がたまっていっていました。何ヶ月も、いくらもらったか、確認もしないこともありました。

退職して、主婦になりました。すると、やはり違いました。定期的にお金が入ってこないということは、とても怖かったです。
夫のお金はあります。でも、私は私。いざという時に、自分には何の力もないことが怖かったです。

貯金がある分、自分の特別な買物は、その貯金からしていましたが、だんだん使うのも怖くなっていきました。

今は、月に1万円もらっているお小遣いさえも、あまり使わない状態です。
入ってこないものは、出せないです。今すぐお金がほしいです。。。
お金がほしいなら | 今すぐコチラへ即日融資・即日審査のカードローン

とはいえ、「主婦」という位置は、贅沢だとも思います。
勿論、大変なこともたくさんあり、働いている夫と対等に過ごしてはいます。
でも、「お金をもらう」ことは何もしていないのに、好きなように買物ができるのですから。

家族のためとはいえ、ちょっと自分の好きなおやつを買ったり、自分のお昼を買ったり。
もらった生活費の中でなら、自由ができるという位置にいること。
感謝の気持ちは忘れないようにいようと思います。

個人、友人同士でお金の貸し借りについて

冒頭で私の結論を申しますと、個人、友人、知人同士でのお金の貸し借りは基本的には良く無いと思います。

例外は本当の親友で気心がガ知れていて、少ない金額(1000円以下くらい)、例えば、一緒に行動している時にコンビニや自販機でたまたま小銭がないとかなどでしょうか。

個人、友人、知人同士での金の貸し借りは基本的には良く無い理由としましては、実は昨年、あまり会う事が少ない知人から30万円ほど金を貸してくれとの電話があり、その理由は後輩が専門学校に行くための費用との事でした。

本来はその友人が後輩に貸せばいいわけですが、なぜか私に貸してくれは、極めて理不尽と思い貸しませんでした。

私、友人ともに50代で私も30万円くらいはいつでも準備は出来ますが、その友人はそのくらいの金額を準備できないのかと思い、貸すことは大変心配です。おそらく返済はすんなり行かないことが予想されます。

基本的に大の大人はどうしても金が必要な場合は金融機関から借りると思いますので、それが出来ないような人に貸すことは無理でしょう。

私はその件でその友人が信頼できなくなりました。
私は今まで一度も金を借りたことはありません、なぜなら、人に借りるような状況にならないように普段から心がけており、人間関係を壊したくないからです。

しかしながら、どうしても借りる状況の場合には、私ならば、借用書(利子、延滞金の記述も)、使用用途、担保、返済計画書、連帯保証人などを準備をし誠意を見せることでしょう。

私の人生経験で何度かお金を貸したことはありますが、大抵はすんなり返済されませんでした、結論としましてはいい加減な性格で金銭感覚のしっかりしてい無い人、金の貸し借りは人間関係を壊す可能性があるという事知らない人が安易に金をかりたがる傾向があり、当然、その様な人は返済もすんなりされない可能性は大きいと思います。

お金のない時の行動パターン

給料日前になると毎月お金がないという状態になります。何に使ったかもよく分かりませんが、とにかくお金がないのです。

しかし、お金がなくても数日であればどうにでもなります。生きていく上で食事さえできれば、死ぬ事はないでしょう。お金がなくても家に食糧があればそれを食べて遊びに行ったり外食したりなどはできませんが、家でおとなしくいていればいいのです。

食糧がない場合もあります。そういった場合は、食べないわけにはいかないのでクレジットカードで食事をしていました。この場合はクレジットカードを利用できる店に限られるので入店の際に注意しましょう。

もし、お会計の時にお金がないのにクレジットカードを使えないという状況になってしまうとただの食い逃げになってしまいます。食事がないだけならまだマシですが、さらにまだ支払いの予定があれば最悪です。

この場合はお金を用意しなければいけないので、家にある洋服や家電製品などを売るか、クレジットカードで商品を購入しそれを売ってお金をつくります。

このパターンがあればお金が底をつきても、なんとかやりくりできるでしょう。